短編映画「VR職場」​

監督・脚本・編集

■受賞・入選歴

【国内】

・「渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保」

  ゴールデンバーガー賞(グランプリ)

  最優秀監督賞

  最優秀脚本賞

  最優秀助演男優賞

  優秀主演男優賞

・「関前諸島岡村島映画祭」最優秀脚本賞

・「映文連アワード」パーソナルコミュニケーション部門 優秀賞

・「福岡インディペンデント映画祭」優秀賞

・「富士 湖畔の映画祭」短編コンペ部門ノミネート

・「杉並ヒーロー映画祭」コンペ部門ノミネート

・「うえだ城下町映画祭」コンペ部門ノミネート

・「知多半島映画祭2020」短編コンペ部門ノミネート

・「夜空と交差する森の映画祭」入選

・「Goodstock Filmsession Vol.5」入選

【国外】

・「第40回 ハワイ国際映画祭」Official Selection

・「Japan Cuts Hollywood」Official Selection

・「INDIEDANCE Film Festival」NARRATIVE SHORT金賞

・「Blue Whiskey Independent Film Festival」Official Selection

■予告編

■本編

【あらすじ】

VRで遊ぶスマホゲームが流行中の近未来。増え続けるニートたちの就労支援を行うべく開発されたゲーム「VR職場」が注目を集めていた。ゲームの中に再現されたのは、”労働者にとっての楽園”。 プレイヤーは、理不尽もコンプライアンス違反もない環境のなかで、優しいAIの同僚たちと働きながら社会復帰を目指すことができるという画期的なゲームだった。だがある日、ゲーム内のAIキャラ「岩城課長」がプレイヤーに向かってパワハラを起こすという”バグ”が発生してしまう。開発チームは、一刻も早い岩城の”修正”を命じられるが……。​

VR職場スチール②.jpg
VR職場スチール③.jpg
VR職場スチール⑤.jpg
VR職場スチール④.jpg
長崎新聞.jpg

【2020年 ハワイ国際映画祭で上映された日本作品一覧】